FTR223に乗って

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FTR223に乗って

FTR223に乗って弄って楽しむブログです

西日本一周 23日目 (山口県萩市~島根県出雲市)

この旅で初めて連泊した萩を離れるのは少し名残惜しい...
Rucoは居心地のいいゲストハウスでした!
スタッフさんたちに見送られてゲストハウスを後にします。

 f:id:sukesan1107:20170329154213p:image

 

今日の宿は出雲のゲストハウス「いとあん」。出雲自体出雲大社など行きたいところがあったので、今日は出雲に直行します。

国道191号と9号を使い、山陰の日本海を眺めながら走ります。景色はいい道ですが、風が東寄りだったので向かい風(><)
10度前後の気温と合わさって、少しスピードを出しただけでも寒い!

 

出雲大社

出雲には昼過ぎに到着。まずはお腹を満たします。
出雲ではそばが有名ですが、いかんせんお店が多い。どこに行っていいかわからなかったので露店で唐揚を売っていたお姉さんに聞いてみると、どうやら「田中屋」が美味しいらしい。

f:id:sukesan1107:20170328190931j:image

いつもは行列ができるほど混むらしい田中屋ですが、平日のランチ後という時間帯のおかげか空いていました。
テーブルの他にカウンターもあったので一人でも入りやすい。

お品書きも冷たいそばから釜あげそばまで色々あったので、とりあえずオススメを聞いて、推薦の三色割子を注文。

f:id:sukesan1107:20170328190957j:image
それぞれ違った味が楽しめて、美味しかったですね〜^o^

腹ごしらえも終わったところで、本命の出雲大社へ。昨日のゲストハウスでオススメされたガイドツアーに参加します。

 

大きな出雲大社の碑があるのが二の鳥居。鳥居周辺には昔露店などが出ていて活気があったので「勢溜」(せいだまり)と呼ばれています。

f:id:sukesan1107:20170328191015j:image
そのまま、世にも珍しい下り参道を歩いて行くと、右手に祓社が見えてきます。

祓社で参拝に向けて心身を清めます。

出雲大社関連の社は二礼四拍一礼なのが、他の神社等と違うところ。

祓社から松の参道を通ると、いよいよ出雲大社の中心部へと入っていきます。

f:id:sukesan1107:20170328191100j:image

まず本殿でお参りする前に、大きなしめ縄が特徴の拝殿で同じ願いを伝えます。

f:id:sukesan1107:20170328191120j:image

本殿の前にはかつて高さ48メートルだった本殿を支えていた柱の大きさが示されていました。

f:id:sukesan1107:20170328191155j:image

改めて本殿へ向かい、中にいる大国主命に願いを込めます。

f:id:sukesan1107:20170328191214j:image

その後は本殿の周囲をぐるっと回り、3年前の遷宮で修復された大屋根などを間近で見ることがきました。

 

そのあとは宿へ。

泊まった日は宿泊者が夕食を囲みながら話す機会が設けられていました。その日の宿泊者は、役者や芸術家、ヒッチハイカーや研究旅行中の大学生などなどいろんな人がいて、それぞれの体験を聞くことができました。生き方、日々の過ごし方に意味を見出している人が多かったですな〜。見習わなくては!

結局この日はつまみを買い込んで話し続け、気づいたら午前4時!半ば朦朧としながら床に伏したのでした...。

西日本一周 22日目 (萩滞在)

前の日→西日本一周 21日目 (大分県別府市~山口県萩市) - FTR223に乗って

次の日→

 

今日は次に行こうと思っていた出雲の宿が取れなかったので昨日に引き続き萩に滞在します。

朝ごはんは朝9時からやってるうどん屋さん「どんどん」へ。

f:id:sukesan1107:20170323154216j:image

これで390円です。優しい味の肉うどんとわかめにぎりは朝にぴったり。しかも時間的に空いていたのでゆっくり話しながら朝のひと時を過ごせました。

 

萩のマスコット

そのあとは昨日出会ったOさんと萩の城下町を散策。
すると...
なんだありゃ?

f:id:sukesan1107:20170323222451j:image
なにやらマスコットらしき影が!

は、萩にゃんだ!

f:id:sukesan1107:20170323222551j:image 

萩にゃんカワイイ宣言。

 f:id:sukesan1107:20170323222603j:image

萩にゃんは萩の街を気ままにお散歩しているらしく、会えるかどうかは運次第!会えただけでもラッキーなのに、一緒に写真も撮ってもらいました!

 

それにしても動きが可愛い♪( ´▽`)
投げキッスとかしてくるし!し!
心にグッとくる可愛いキャラクターでしたね〜。

 

どうも萩にゃん熱が治らないのでグッズを探すことに。
近くにあった萩博物館でグッズを探します。

お!ストラップじゃん!

手作りの萩にゃんストラップがありました。
もう少し大きければよかったですが、これ以上のはなかなかないよ、ということで即購入!

f:id:sukesan1107:20170323154242j:image

萩にゃんといっしょ


萩をてくてく...

この街、歩いていると結構話しかけられます。
訪問者にも優しい街。嬉しいな〜。

散策をしていると色んなところにミニなカフェがありました。そんな中で、「コーヒーぜんざい」という異色を放つ一品を出しているお店を見つけたので入ってみました。

 f:id:sukesan1107:20170323154738j:image

室内4席、屋外3席のこぢんまりとしたカフェ。中ではおばちゃんが店番をしていました。このおばちゃんもおしゃべりで楽しかった(笑)

コーヒーぜんざいを二人で注文しました。

f:id:sukesan1107:20170323154729j:image

コーヒーもアイスで、冷たいぜんざい。器の底にはきちんとあんこが入っていて、これが意外とコーヒーと合う!
溶けかけたミルクアイスとコーヒー、あんこを一緒に口に入れると...

モーシアワセ!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

アイスとあんこの別ベクトルの甘さと、コーヒーのほのかな苦みが口の中で溶け合います。

結構なかなかない一品に出会ってしまったのではないでしょうか!?

 

萩は街中からは見えないのですが、海に面しています。その海を見に行こうということになり、海に出られそうな道を適当に進んで行きます(笑)

すると...本当に突然、目の前に翡翠色の透き通った海が広がりました❗️

 f:id:sukesan1107:20170323222636j:image

 

 

こマ?

 

 

f:id:sukesan1107:20170323222645j:image 

誰もいない砂浜を男二人で歩く。打ち寄せる波の音が規則的に耳をくすぐります。そこにはナニも起きないはずもなく...

 

 

「わーすごいきれいっすね!」
「ねー!」

 

 

実際こんな海岸が山口の日本海側にあるとは想像もつきませんでした。海あり城あり食あり人情ありって...なんでもあるな萩!
ていうかなんでこんなガラガラなんだよ!?もっと人がいてもおかしくない!
でも、自分だけが知っている場所であってほしい...
なんだか複雑な気持ちです。

 

萩を一周ぐるっと回ったらちょうど1時ぐらいになっていて、Oさんは北九州に18切符でいかなければならなかったのでここでお別れ( ; ; )
すっかり萩の街に魅了され、できればもう一泊したかったらしいです。

 

「さよーならー...」(;  ;)ノシ

 

 

お別れしたあとは、近くのバイク屋でチェーンルブを買って注油。最近駆動系から妙な振動が出ていたので油ぎれかなと思ったらやっぱりそうでした。4000kmも走れば油も切れるか...。

 

今日は自炊です。味噌炒めおいし〜

f:id:sukesan1107:20170323222738j:image

 

前の日→西日本一周 21日目 (大分県別府市~山口県萩市) - FTR223に乗って

次の日→ 

西日本一周 21日目 (大分県別府市~山口県萩市)

前の日→西日本一周 20日目 (宮崎県都城市~大分県別府市) - FTR223に乗って

次の日→西日本一周 22日目 (萩滞在) - FTR223に乗って

 

昨日の宿泊は別府着が遅かったのでネカフェでした(笑)
今回の旅では快活と自遊空間を使いましたが、自遊空間の方がフルフラットの席が気持ち長く、シャワーもタオル付きで無料だったので、自空に1票!

今日の天気は晴れ!ただ少し肌寒い。走ったらもっと寒いんだろうと思いつつ、8時過ぎに出発。

f:id:sukesan1107:20170323083702p:image

 

小倉でご飯

第一目的地は小倉の鉄板餃子のお店、鉄なべ。
別府から北九州に抜けるにはどうしても山間部を通らねばならないので、とっても寒い((((;゚Д゚)))))))
これが嫌だからゆっくり出たいけど、そうすると時間がなくなるジレンマ...。
100kmほどの道のりを3時間かけて走破!
バイクは小倉駅北口の市営駐輪場に止めました。

f:id:sukesan1107:20170323082853j:image

南口の駐輪場は原二までなので注意が必要。

小倉駅は新幹線も止まるので、何気なく電光掲示板を見てみると...

f:id:sukesan1107:20170323082946p:image

おっ東京行きじゃん!
ここ北九州から電車一本で東京まで行けるんだと感心しつつ、俺も新幹線みたいに一気に移動できればなぁと羨望(笑)

 

さて、鉄なべは駅ビルの2階に入っています。
ランチセットを注文!

f:id:sukesan1107:20170323083006j:image
しばらくすると鉄板の上で音を立てる餃子が運ばれてきました。

f:id:sukesan1107:20170323083012j:image
思ったよりも小さかったけれど(笑) 鉄板で焼かれパリパリになった皮に閉じ込められた具は、中までじゅわっと熱々!噛むと旨味が溶け出たスープが溢れます。餃子単体でも、ご飯と一緒に食べてもおいし〜です!

一瞬で食べてしまい店を出ました(笑)
2階はレストラン街だったので他にもお店が入っています。他にあるお店も見ておこうと階を一周します。すると...

 

f:id:sukesan1107:20170323083022j:image

「想夫恋」じゃん!?

この想夫恋は焼きそばのお店で、ケンミンショーで見てからずっと食べたかったのですが、東北には存在しないのでおあずけ状態!
うーん、餃子味食べたけど...ここで食べなかったら一生食べられない!
と...昼飯ハシゴを決断しましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ

さすがにセットはもう入らないので単品焼きそばを注文。

 

f:id:sukesan1107:20170323083044j:image

5分ほどで出てきた焼きそばからは香ばしい匂いが...。
さっそくいただきます!
想夫恋の焼きそばは少し太く、ラードで強めに炒めているので麺は短く切れ、それぞれにおこげがついています。ご飯のおこげが美味しいように、焼きそばのおこげも濃いめのソースとシャキシャキのもやしと合わさって美味しいのなんの!

さすがに最後はお腹いっぱいで苦しくなりましたが、想像以上の美味しさ!
来て正解だったわ〜^
想夫恋、行ったことがない人は是非行ってみてください!焼きそばの常識が変わります。

 

角島へ

さて、重くなったお腹を抱えて...
第2目的地の角島へ向かいます。

が、途中でどうしようもなく眠くなったのでパーキングで縁石に座って昼寝...zzz。
食べ過ぎ!
血液が全部胃に行きましたね...

角島にはもう観光客がいっぱい!私もみなさんのマネをして高台から写真を撮ってみます。

f:id:sukesan1107:20170323083058j:image

海の上を遥か向こうまで伸びる橋がきれい

f:id:sukesan1107:20170323083109j:image
ただ少し海が暗かったです。夏に来れば、もっと透き通ったコバルトブルーの海が見られるのでしょうか。

 

旅人たちと

今日の宿は萩にあります。夕飯はフロントのお姉さんに美味しいお店を教えてもらって、宿で出会った人たちと、小料理屋「ふみ」に行きました。
ヒラマサの刺身は歯ごたえがあり、カレイの煮付けはフワッフワ、砂ずりのバター焼きは弾力があって、どれも新鮮な素材のおかげですっごく美味しい!

f:id:sukesan1107:20170323083142j:image

話も弾みます。
それにお店のおばちゃんが超フレンドリーで、地元の小料理屋の雰囲気にもすぐ馴染めました!

 

 宿で人と出会い、まずは夕飯を一緒に...ゲストハウスのこういうところがたまりません。
旅も終盤にさしかかって来ました。最後まで無事でいられるように、運転などなど気を引き締めていこうと思います。

 

前の日→西日本一周 20日目 (宮崎県都城市~大分県別府市) - FTR223に乗って

次の日→西日本一周 22日目 (萩滞在) - FTR223に乗って