FTR223に乗って

FTR223に乗って

FTR223に乗って弄って楽しむブログです

ブレーキパッドを交換しよう!

オイル交換をした直後、調子の上がったエンジンとは裏腹に、今度はフロントブレーキからヤバイ音が...

 

ブレーキパッドは去年の夏交換して以来、7000kmぐらいそのままだったので、多分それが原因だと判断。工賃がもったいないので、今回は自分で交換することにしました。

 

トラブルが重なる運命なんだなぁ....

 

この前履かせたのはデイトナの赤パッドでしたが、

 

 

 

6000円弱もするんだよなぁ。

 

今のお財布事情ではちょっと厳しいので、レビューもそこそこ良かった1300円のパッドを購入〜。

 

 

今回用意したもの

・ブレーキパッド

・KUREのシリコングリス

・パッドグリス

・真鍮ブラシ

・パーツクリーナー

・キッチンペーパー

 

使った工具

・4mm六角レンチ

・12mmスパナ

・マイナスドライバー

・棒ヤスリ

 

です。参考にどぞ〜。

 

それでは実際の手順をば。

※は私がトラブったエピソードです(笑)

 

①パッドをキャリパー(ブレーキ部)に固定しているボルト2本を緩めます。

ボルトの保護キャップをマイナスドライバーで回して外し、4mm六角レンチでボルトを緩めます。ボルトが回れば緩めは完了です。

f:id:sukesan1107:20170711093119j:image

f:id:sukesan1107:20170711093142j:image

 

②ブレーキディスクに噛んでいるキャリパーを取り外します。

ボルト2本を12mmスパナで取り外します。

f:id:sukesan1107:20170711093423j:image

ボルトを取り外し、キャリパーを横に動かすと、トラブってなければディスクからスポッと抜くことができるはずです。

 

※私の場合はブレーキが完全に解放されていないのか、パッドがディスクを強く挟んでいて、グリグリ揺さぶらないと抜けませんでした。

f:id:sukesan1107:20170711093943j:image

 

③ ①で緩めたボルトを完全に外します。

外すとブレーキパッドがキャリパーから外れます。

f:id:sukesan1107:20170711094506j:image

外したパッドです。溝も消え、一部では土台の金属も露出しています💦

 

④キャリパーサポートを抜き取ります

写真の左側の部品です。引っ張れば抜けます。

 f:id:sukesan1107:20170711095553j:image

 f:id:sukesan1107:20170711095605j:image

 

⑤キャリパー、サポート、ブレーキピストンを綺麗にします。

ブレーキダストなどで汚れているので、パーツクリーナーで綺麗にします。

ブレーキピストンは円筒形の部品で、ブレーキを握ると飛び出してきます。ピストンプライヤーを使うと、ピストンを回転させて全周を掃除できるので、用意しておくのもアリ。ただ高い(2000円)

f:id:sukesan1107:20170711095156j:image

ピストンを出し過ぎると、抜けてブレーキフルードが出てくるので注意です。

 

抜  け  ま  し  た  (爆)

 

※この時エアを噛んでブレーキが効かなくなったので、下でエア抜きの方法も書いておきます。

 

⑥ ピストンをグリスアップ

ピストンにシリコングリスを塗り込みます。

f:id:sukesan1107:20170711101726j:image

 

⑦ピストンを押し込む

二本のピストンを押し込みます。普通は握力で押し込めるはずですが、無理な場合はフルードの入れすぎか、キャリパー内に隠れている部分のピストンのオイル切れが考えられます。

 

⑧ブレーキパッドの面取り

ブレーキ鳴き防止として、パッドの、ディスクを吸い込む側の角を削ります。

f:id:sukesan1107:20170711102316j:image

f:id:sukesan1107:20170711102329j:image

下の写真では、前進時にディスクが手前から奥方向に向けて回ることを想定しています。

 

⑨パッドののグリスアップ

パッドの裏面に、パッドグリスを塗ります。

これも鳴き防止です。

f:id:sukesan1107:20170711102522j:image

 

⑩パッドの取り付け

キャリパーにパッドを取り付けます。

f:id:sukesan1107:20170711102715j:image

1枚はピストンに、もう一枚は反対側の壁に密着させ、2本のボルトを差し込み、締め込みまます。キャップも忘れずに

 

⑪キャリパーサポートの取り付け

キャリパーサポートを差し込みます。

f:id:sukesan1107:20170711103100j:image

 

⑫キャリパーの取り付け

ディスクをパッドで挟み込み、2本のボルトでキャリパーをバイクに取り付けます。

f:id:sukesan1107:20170711103249j:image

 

⑬ブレーキタッチの確認

ブレーキがちゃんと効くかをしっかりと確認してください。

 

これでブレーキ交換は終わりです!

 

エア抜きの手順

今回エアを噛んだのはキャリパー側なので、キャリパー部のエア抜きをします。

 

・工具

8mmスパナ

 

①ブレーキを握る

②ブリーダーバブルを8mmスパナで緩めるf:id:sukesan1107:20170711124230j:image

エアが入っている状態でブレーキを握りながら緩めるとプシュっと音がします。

③ブリーダーバブルを締める

④ブレーキを離す

 

①から④を繰り返しながら、ブリーダーバブルからフルードが出てくるようになるまでエアを抜きます。エアが抜けるに従って、ブレーキタッチも硬くなってくるはずです。漏れたフルードは要洗浄です。水かパーツクリーナーで洗い流します。

 

加えて、漏れたぶんのフルードの補充も行いました。

f:id:sukesan1107:20170711124101j:image

f:id:sukesan1107:20170711124110j:image

これでやっと...ブレーキ周りの整備は完了です...。結局半日かかりました。

 

交換したブレーキのタッチは、赤パッドと比べて一回りぐらい強めに握らないと同じ制動力を得られないものでした...が、足りないということはないので慣れるしかないですね。

と言うか握った瞬間にギュッと止まる赤パッドが凄すぎるんですね(^^;;

 

交換前に出ていた異音の考察です。

f:id:sukesan1107:20170711125939j:image

外したパッドの右上側のみに、擦れた後が付いています。この位置は、交換時戻らなかったピストンが押していた場所です。このピストンは走行中も十分に戻らず、パッドをディスクに押し付け続けていたと考えられます。先日の異音は、パッドが薄くなり、土台の金属が削られ始めて出ていたものだと考えられます。また、ピストンが戻らなかった原因は、「グリス切れ」「フルード過多」の2つが考えられます。この2点とも今回対処を行ったので、ある程度走った後、再発していないか確認したいと思います。

 

自分で整備をすると、ナットが舐めたり、傷がついたり、フルードが漏れたり、何かと踏んだり蹴ったりから離れられない私ですが、めげずにやっていこうと思います!

オイルをG3にしよう!

西日本一周をしてからオイル交換をやっておらず、もう真っ黒(^^;;

だいたい5000キロは超えてるかな...。

流石に交換せにゃあかんのでアマゾンでG1とG3をば。

f:id:sukesan1107:20170706163121j:image

なんで二種類も買ったのかというと、これから使うのは低振動、高温耐性のあるG3なのですが、FTRはオイルドレンを開けても200ml古いオイルが残る仕様。せっかくの新品オイルを5000キロ真黒オイルと混ぜてしまうのも気が引けるので、G1をエンジン内の洗浄用に使うから。1本700円だし良いよね...(汗)

 

始めに5000キロぐらい使ったオイルを排出。

f:id:sukesan1107:20170706163629p:image

墨汁かな?

 

んでG1を投入。ちなみにオイル缶の先っぽのホースはホムセンのオイル売り場で無料で置いてありました。

f:id:sukesan1107:20170706163750j:image

ちょっと走ってならします。この時点で振動は結構なくなった気がします。オイルの劣化は思った以上に乗り味に影響するみたいです。

 

そして抜く。

f:id:sukesan1107:20170706163858j:image

残っていた5000キロオイルと混じってさっきのあめ色は何処へやら...。

 

最後にG3を投入して、

f:id:sukesan1107:20170706164035j:image

オイル交換完了!

 

その効果のほどは...

エンジンの振動はビックリするほど低減された!

特に4000-5000回転域でのビリビリ響くand針でつつかれるようなような不快な振動が、まったり心地のいい柔らかい鼓動感に変身したと思います。あとアイドリングも少し静かになった感じです。吹け上がりもスムーズで良さげ!

 

今回エンジンオイルをピカピカに出来たので、これが保てるよう、2000km毎ぐらいに交換していこうと思います。走行距離もそろそろ3万キロなので、今まで以上に大事に扱わないと...。

西日本一周 26日目 (石川県金沢市~愛知県名古屋市)

金沢といえば海の幸、ということで近江町市場へ行ってきました。廻る寿司処「もりもり」を教えてもらったので直行!

f:id:sukesan1107:20170328193529p:image

まずはのどぐろの握りを...

 f:id:sukesan1107:20170328193541j:image

食べた感じは鯛に似ていました。さっぱりした味とふわっと柔らかい食感が美味しい。

次に頼んだのが、オススメ三点盛り。特に活たこが肉厚で、噛むと程よく強い弾力があって美味しかった。

f:id:sukesan1107:20170328193610j:image

市場内にあるので、どのネタも新鮮そのもの。いつもは安定のサーモンも、ここではほっぺたが落ちるほど美味しい!食べながら心の中で驚き。

今回は時間があまりなく他のお店を見て回れませんでした。また来る理由ができましたね!(笑)

近江町市場の目と鼻の先の金沢城公園にも行ってきました。金沢城公園は兼六園と違って無料で入れるのです。

f:id:sukesan1107:20170328193633j:image
綺麗に整備されている上、思った以上に広かった。じっくり時間をかけて回りたいものです...。

 

今日はこの後新潟に抜ける予定でしたが、まさかの寒波来襲(><;)

f:id:sukesan1107:20170328193650p:image

新潟や山形で雪が降り、北陸経由の移動は難しい。

ということで急遽予定変更!岐阜県を突っ切り、愛知県は名古屋市へ...

太平洋フェリーに乗って帰ろう!

 

f:id:sukesan1107:20170329155759p:image

まさかの1ヶ月前とは逆のルートをなぞることに(笑)


宿の予約をして居なくてよかった...。

ここでも下道で行こうと思ったのですが、東北人ゆえ飛騨山脈の存在を忘れていました。

路面にシャーベット状の雪が残っています。

 

あ、ガチで死ぬやつや。

 

カーブでコケてトラックに轢かれる光景が容易に想像できたので、チェーン規制もなかった高速に素直に引き返しました。

 

高速も高速で雪がないだけいいものの標高1000mを余裕で超えて行くので気温は1℃まで急落。まさか最後にこんな試練が待っていたとは...。

 

幸いトンネル内が微妙にあったかいので(なんでだろう)54本もあるトンネルで暖をとりながらなんとか飛騨山脈を越え愛知県へ。

 

道が上りから下に変化した時は光が差したようでしたね(笑)

 

名古屋に入り、国道1号線に差し掛かったあたりから、だんだんと1ヶ月前の記憶が蘇ってきます。

 

ひと月前、あの反対車線を走って旅へと出て行ったんだなぁ...

思えば色々な人と出会い、自然を体感し、自分と向き合い、驚き、学び、楽しみ...
一つにまとめ言語化するのは難しいけれど、確実に今の自分は1ヶ月前の自分から成長していると思います。

 

本当にあっという間でした。ですがこの1ヶ月間は、語ろうとしても語り尽くせない濃密な期間でした。

 

フェリー乗り場はひと月前とは比べ物にならないほどの混雑。

バイクも3台!幸運にも帰省先から大学のある北海道までバイクと共に帰る大学生と知り合えたので、行きと同じように夕食バイキングを一緒にいただきました。

f:id:sukesan1107:20170330150013p:image

 

この船がこの旅最後の思い出になるのか...と思うと、日常へと次第に近づいていることが少し怖くなりました。
が、振り返ってばかりではいられません。大学生活も残り2年。せっかく大学に通わせてもらって、自由に選択する余地が与えられているのだから、自分の目の前にあることに集中して、自分で未来を切り開いていけるようになるため頑張らなければ...!