FTR223に乗って

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FTR223に乗って

FTR223に乗って弄って楽しむブログです

バッテリー直結USB・シガーソケット取り付け

スマホをナビとして使うと電池の減りが早すぎてお話にならないということでバイクから電源をとることにしました。という事で買ったのが
コレ↓
f:id:sukesan1107:20151105082523j:image(楽天より)
ナップスで2500円でした。他にもシガー1口、二口、USB二口などがありましたよ〜。
これはシガーソケットとUSBを一口ずつ備えており、USBは5V2.1Aなので私のiPhone6も充電できます。またハンドルクランプ付属なので取り付けも簡単です。電線はバッテリー直結(バッ直)かキーを回すと電気が流れる既存の配線から電気を分けてもらうアクセサリー電源(ACC)のどちらにするか迷いましたが、ACCは他の配線との接続が必要になるため今回はバッ直にしました。
※バッ直は電子機器を充電していなくても少しずつバッテリーの充電が減っていくらしいので、長期間使わない時は外した方がいいです。
USBの取り付け位置はハンドルにしました。
用意するものは、六角レンチ、10番のレンチ、プラスドライバーです。
f:id:sukesan1107:20151105205937j:image
ちなみにに左のL字の工具はラチェットとエクステンション、ソケットレンチで普通のレンチの上位版と言えるものです。元々あったもので値段はわかりません。m(_ _)m
普通のレンチはこれです。f:id:sukesan1107:20151105211426j:image

取り付け

(私のバイクの場合です。他のバイクでは構造が違うので必ず取扱説明書を読んでください。何かあっても責任は負えません。)
  1. 六角レンチと10番のレンチで左サイドカバーとバッテリーカバーを開ける。(サイドカバーのネジについているゴムリングをなくさないように)f:id:sukesan1107:20151105205145j:imagef:id:sukesan1107:20151105205238j:imagef:id:sukesan1107:20151105205154j:image
  2. ハンドルからバッテリーまであらかじめ電線を通しておく。
  3. バッテリーの端子をマイナス、プラスの順に外す
  4. 配線をバッテリーにプラス、マイナスの順に取り付けるf:id:sukesan1107:20151105205343j:image
  5. 電子機器を接続してみて、充電できるか確認する。
  6. 上とは逆の手順でカバー類を閉める。
  7. USB差し込み口をハンドルに固定して完成!f:id:sukesan1107:20151105205439j:image
これでだいたい15分ぐらいです。私が初めてバイクをいじった作業なので、同じように初めての人は直感に頼らず慎重に行いましょう。
ちなみに今回取り付けた製品はUSB側に電気が来ない初期不良でナップスで一度交換してもらっています。ナップスまで30分かからないところに住んでいるのですぐ交換できましたが、これが遠くだったら最悪です。例え交換できても、再度往復したガソリン代は帰ってきません。なのでできれば買った直後に通電確認が出来ればいいと思います。
加えて買う前にレビューを調べることも大切です。
バイク用品はサードパーティ製がほとんどです。決して安くはない買い物なのでしっかり下準備をして買うようにしましょう。
俺もそうしなきゃ(笑)