FTR223に乗って

FTR223に乗って

FTR223に乗って弄って楽しむブログです

FTRの長所&あればいいもの

FTRに乗り始めてから早くも一年と3ヶ月になります。

ああ懐かしきバイク王...(´;Д;`)

f:id:sukesan1107:20170116230512j:image

購入前はバイクのバの字もわからず、とりあえず自分に買えそうなバイクを買ったのですが、旅はみちづれ...今では私の立派な相棒として何処へでも連れて行ってくれます。ただ、FTRも万能というわけではなく、良いところと、これがあったらいいな...というポイントがいくつかあるので、紹介して行きたいと思います。これからバイクを買う人は選び方の参考にしてみてください!(バイクの用途はもっぱらツーリングです)

 

FTRのここがいい!

・取り回しが軽い!

感想重量130㎏のスリムボディと自転車のような着座姿勢があいまって、狭い道もスイスイらくちんです。50度という大きなハンドル切れ角によりUターンもお手の物。オンロードからちょっとした荒れ道までオールラウンダーでこなせます。

 f:id:sukesan1107:20170117130828j:image

・気軽に乗れる!

丸目でどこか優しい面持ちのフォルムは、通勤通学から買い物、そしてツーリングまでどんな環境にも馴染んでくれます。ふと思い立った時に堅苦しい準備をすることなく、気軽に走り出せるバイクです。

 

・燃費がいい!

夏の実燃費35km/Lはちょっとした街乗りでは全然減らない!給油量1.5Lなんてのもざらです。

 

・タイヤが安い!

メーカー指定タイヤが前後合わせて1万4000円ってのはなかなかないんじゃないでしょうか。

 

 

・メンテナンスもお手軽

空冷単気筒エンジンのFTRはエキパイ(排気管)も1本。脱着もさび落としも楽です。

f:id:sukesan1107:20170117131140j:image

加えてエンジンオイル容量はきっちり1L!小売りのエンジンオイルを残さず使い切れます。使っているのはウルトラG1オイルです。

 f:id:sukesan1107:20170117130929j:image

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用 1L 08232-99961 [HTRC3]

 

 

あったらいいな、こんなもの

・燃料タンク容量

 FTRのタンク容量は7.2L、航続距離に直すと200km弱です。ツーリングの200kmは結構あっという間なので、ガス欠の心配は出発前から付きまといます。いざGSで給油の時も、手袋を外して、リアボックスを開けて、バランスの悪いバイクの座席をテーブルにしてお金を出すのは結構面倒なので、給油回数は少ないに越したことはありません。私はガス欠対策として5Lの携行缶を後部座席に積んでいますが。積載の少ないバイクにとって後部座席がガソリンに占領されてしまうのは結構な痛手です。航続距離が300kmぐらいあれば困らないのにな~と思う今日この頃です。ちなみにFTRの燃費カタログスペックは43km/Lですが、実燃費は夏が35

km、冬が28km/Lぐらいです。

 

・燃料計

車では当たり前の燃料計もFTRにはついていません。フューエルコックの設定で燃料残量を概算します。FTRのフューエルコックは燃料を重力で下に流す重力式なので、設定はOFF(燃料が供給されない)、ON(燃料残量3L程で供給停止)、RES(リザーブ、タンクが空になるまで燃料を供給する)の3つがあります。

f:id:sukesan1107:20170117131004j:image

通常はONにして、燃料残量が3Lになると供給が止まりエンジンが止まり(正確には息つく)ます。ここで初めて燃料残量がどれくらいなのかを知ることができます。(走行距離から概算することもできますが...)この後はコックをRESに切り替えて残りの燃料でGSに向かいます。この機能に関してはあまり困ったことはないのですが、燃料計があったほうが給油のタイミングを測りやすいのはたしかだと思います。

 

・速度

100㎞/h巡行をしようとすると回転数が6500を超えてくるので長時間は難しいです。追い越しもきついかな…。ちょうどいいのは80㎞/hですかね~。下道トコトコが一番あってると思うバイクです。

 

・タイヤがチューブタイヤ

FTRのタイヤはチューブタイヤです。パンクしたらどうしようもありません。チューブレスであればタイヤに空いた穴にに押し込むだけの補修キットが使えるのですが...。

 f:id:sukesan1107:20170117131058j:image

・リア、サイドキャリアの少なさ

FTRは構造の簡素さからカスタムベースとしてよく使われます。なのでカスタムパーツの品ぞろえはとても良いと感じます。私のFTRも買った当時はマフラーがスーパートラップでした(これくらいはライトカスタムですが…)。ですが逆にバイクの汎用性を高めるようなパーツの設定は非常に少ないのが現状です。リアキャリアの設定はサードパーティが2商品。サイドキャリアにあっては設定すらありません。サイドキャリアは布製のサイドバッグ等で容量こそ代替できますが、防水性などで難が残ります。GIVI等の汎用リアキャリアホルダーを付ける案もあるのですが、調べても前例が出てこないため取り付けられるかどうかはわかりません…(誰かやってくれ~)

 

 

キジマ(Kijima) リアキャリア FTR223('00-'12) 210-132

キジマ(Kijima) リアキャリア FTR223('00-'12) 210-132

 
ラリー(RALLY) 591アルミキャリア FTR223 RY591

ラリー(RALLY) 591アルミキャリア FTR223 RY591

 

 

 

 

まとめ

上に書いたように、FTRは長短入り混じるバイクではありますが、とにかく乗って、色んな所を走れば走るほど、その楽しかった思い出がバイクの長所を伸ばし、短所を目立たなくしてくれます。そんなこんなで、世の中にはFTRよりパワーがあって、荷物もたくさん詰めるバイクがゴマンとありますが、結局私にとっては今のFTRが一番のバイクです。